喀痰吸引の施設内研修をしております

今日も寒いです。今パソコン上のお天気情報を見たら、14度。最近まで30度近かったのに秋をすっ飛ばして冬になってしまいました。

さて、最近施設内でお看取りをする機会が増えてきました。
それに伴い、利用者さんの中に喀痰吸引や経管栄養(胃ろう等)など医療行為が必要な方が増えてきました。

経管栄養については、日中に行いますので看護師が実施しますが、喀痰吸引に関しては、夜間必要な場合も出てきます。

喀痰吸引は医療行為ですので、介護職員の場合、一定の資格を取らないとできません。①医療的ケアについての基本を学習する資格、「介護福祉士(2015年度以降)」「喀痰吸引等研修(基本研修)」、②医療的ケアの実際を学習する資格「喀痰吸引等研修(実地研修)」が必要です。

①については、実務者研修を受けた場合必ず受けているので、ハードルが低いですが、②については、実地研修ですので、病院の患者さんか施設などの利用者さんに許可をいただいて行う必要があります。また、教育の資格のある看護師も必要です。

レザミでは、現在夜勤をする介護スタッフに施設内で喀痰吸引等研修を行っています。

業務を行いながらの研修ですので、少々時間がかかりますが、夜間痰吸引が必要な方でも安心して過ごしていただけるようにしていきたいと思います。

 

 

緊急事態宣言が解除され2週間余りたちました

皆様いかがお過ごしでしょうか。

9月末に緊急事態宣言が解除され、2週間と少し経ちました。

少し街に人が出始めており、少し賑やかになってきたように感じます。

コロナの蔓延が長く続き、コロナに感染していない方にもいろいろな影響が出てきていると思います。

例えば、

コロナの外出制限が長く続きました。これにより高齢者の皆様の運動不足がADL低下につながっています。

普段から歩いていないと筋力が衰え、歩行が不安定になり転倒のリスクが上がってきます。ご自宅で過ごしている方でも、買い物に行くなど日常動作が減少した方、デイサービスに行かずに家にこもっている方も要注意です。

もう一つ、精神的に生きがいをなくしてしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。

コロナの感染が怖くて、子供や孫に会うことができない。趣味の会に行くことができない。外食ができない。旅行に行けない。

明日も頑張って生きていこうという気持ちを持つために、誰かに会っておしゃべりすることや楽しみを糧に頑張っていくことがどれほど大切であるかコロナのおかげ(?)で切実に感じることができました。

 

レザミでは、コロナによる影響をなるべく最小限したいと願っています。

ADL低下を防ぐために機能訓練の提案やレクレーションに散歩を取り入れてみたり、工夫をしています。

また、以前のような面会は難しいですが、オンライン面会や感染症対策としたうえでの対面の面会を少しずつ初めております。

辛い時期が続きますが、少しでも今までと同じ状況に近づけていけるよう日々努力していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

レザミでのコロナ対策

皆様。大阪も梅雨に入り、ムシムシした日が続いております。

大阪のコロナの感染者は先週頃まで、1000人を超過しており、また重傷者病床は100%を超過することもあり、もし利用者さんやスタッフに感染者が出たら、、、と毎日不安に思っておりました。

今週に入って、大阪の感染者数は先週までの半数程度になり、ピークアウトしてきたようだと言われております。

**********

コロナの現在の政府の方針として大きく、「外出自粛やマスク着用など、ウイルスをまき散らさないこと」と「ワクチンを接種し集団免疫をつけること」かと思われます。

レザミでは、従業員の外出自粛、ご家族様や業者さんへの施設内立入の制限を行っていますが、それに加えて、

従業員の定期的なPCR検査と少しでもコロナ様の症状がある利用者さんや従業員の即時のPCR検査を行っています。

また、レザミ住道では5月17日に希望する利用者さんと従業員に対して1回目のコロナワクチン接種を終えました。2回目は6月7日を予定しています。今のところ副反応は特にありません。

レザミ鶴見緑地については、大阪市の高齢者施設へコロナワクチン提供が遅れている関係から、6月中旬以降ワクチンが提供され次第接種を進めていく予定です。

まだまだ、予断は許さない状況ですが、感染を持ち込まないために最大限の努力をしていきたいと思います。

令和3年4月よりレザミ鶴見緑地が介護付きに変わります!!

令和2年度ももう少しで終わりますね。今年度は本当にコロナに振り回された1年になりました。

さて、レザミ鶴見緑地は平成25年11月よりサービス付高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームとして、運営してまいりましたが、令和3年4月より、介護付き有料老人ホームとして生まれ変わることになりました。サービス付高齢者向け住宅はそのままとなります。

変更するのは、介護保険によるサービスに関してだけです。

介護保険によるサービスは「特定施設入居者生活介護」となりデイサービス、訪問介護などの在宅サービスを受けることができなくなります。

現在のご利用者様には個別にご説明させていただきますので、ご安心ください。

 

レザミ鶴見緑地にジアイーノを入れました

コロナウィルス蔓延を防ぐことができるなら何でも試してみたい。 そんな中で見つけたのがPanasonicのジアイーノという空間除菌脱臭機です。 

原理としては、

「食塩水を電気分解することで次亜塩素酸(電解水)を生成。その次亜塩素酸(電解水)を含浸したフィルターに汚れた空気を通過させる「気液接触方式」で汚れた空気を除菌・脱臭します。また、揮発した次亜塩素酸が付着菌を抑制します。 」(Panasonic HP)

とのこと。 どうも除菌と脱臭効果があるようです。 臭いについては鼻で確認できますが、除菌については、メーカーの言っていることを信じる他なく、自分で確認できません・・・。人気があるらしく、品切れのところがあったりみんな考えることは同じです。

使用してみて、少しでも効果があるなら買い足していきたいです。

コロナの以前より、インフルエンザの流行期に入ると加湿器を使用した部屋の利用者さんはインフルエンザに罹ることが少ないと肌感覚で感じており、加湿器を大量に設置していました。空間除菌は初めてですので、今後注目していきたいです。

 

インフルエンザの予防接種

先日は、ブログがうまく更新できなかったので、改めて書いてみます。

高齢者等ののインフルエンザの予防接種が10月1日よりはじまり、それ以外の方のインフルエンザの予防接種も26日から始まりました。

今年は、コロナウィルスとの同時感染も危惧されることから毎年以上に接種する人が増えると考えられています。レザミでも、毎年と同様利用者様と職員に原則として全員接種としています。

また、今年は大阪府が65歳以上のインフルエンザ予防接種を無償化するとのことです。

利用者様の場合は、65歳以上(例外有)で施設の所在地の大東市と大阪市の在住の方は無償となります。それ以外に住所がある方で施設内で接種された場合は、原則有償となりますので、ご注意ください。施設内の接種は11月に予定しております。

介護用使い捨て手袋プラスチックグローブが品薄状態

春ごろにマスクが品薄となり、一箱50枚入りが3000円台や4000円となったのは、皆さん良くご存知かと思います。
現在は、介護施設で必須アイテムの使い捨てプラステック手袋がコロナウイルスの影響で5~6倍近く値上がりとなりました。売り切れとなっている業者もあり、ある程度在庫を持たないと不安な状況にあります。
しかし、基本的に業務用でしか使用しないプラスティックグローブを一般の人が使用するのでしょうか。なぜ在庫がないのか分かりませんが、一日も早く必要な時に必要なだけ手に入る日が戻ってきてほしいです。

コロナの中で

日本社会とコロナとの付き合いも長くなってきました。特に高齢者介護に携わる事業者にとっては、脅威以外の何者でもありません。

大阪のコロナ発症者は9月14日現在少しずつ減っては来ていますが、4月ごろと異なり、身近なコロナの話を聞くようになってきた(近隣の学校での発生やcocoaでの接触のお知らせなど)ので、従業員も不安に感じています。
ここ2~3か月は、施設内での感染をいかに出さないか。常に考えつつ。感染が起こったときにいつどんな行動をとるかのシュミレーションを何度も話し合ってきました。

また、感染が疑われるときのPCR検査や抗原検査を迅速に受けるにはどうしたらよいかについても、近隣医療機関や訪問医と話し合っています。(幸い、以前と比べてPCR検査のアクセスが容易になっていることに加え、検査結果が迅速に分かる状況にはなりました。最近の入院時の検査では2時間ほどでした。)

万が一施設内にコロナウィルスが入ってきても蔓延を避けるためにはどうしたらよいか。例えば、飛沫防止シート、スタッフの食事を分ける、換気消毒の徹底、業者の来館を遠慮していただくなど。とにかく考えうる対策は全て実行しています。
利用者のご家族にも面会をご遠慮願っており、ご協力いただいています。長くなってしまい大変申し訳ないです。(オンラインの面会はしていますが)

そんな中で、政府や大阪府市町村の支援はとても助かっています。アルコールやマスクの無償提供やコロナ対策費用の助成、スタッフへの慰労金など、必要なものが届くのはとてもありがたいです。

あと何か月か、みんなで踏ん張りましょう!!!