抗原検査が始まりました

皆さんお元気ですか。4月だというのに25度を超える日が多いです。

さて、大阪府の高齢者施設では3日に1回の抗原検査をすることになりました。

日曜日にキットが届き、今日から早速スタッフの検査が始まりました。

普段は唾液によるPCR検査ですが、抗原検査は鼻での検体採取なので、かってが違います。

DSC_0066
DSC_0067

レザミでのコロナ対策

皆様。大阪も梅雨に入り、ムシムシした日が続いております。

大阪のコロナの感染者は先週頃まで、1000人を超過しており、また重傷者病床は100%を超過することもあり、もし利用者さんやスタッフに感染者が出たら、、、と毎日不安に思っておりました。

今週に入って、大阪の感染者数は先週までの半数程度になり、ピークアウトしてきたようだと言われております。

**********

コロナの現在の政府の方針として大きく、「外出自粛やマスク着用など、ウイルスをまき散らさないこと」と「ワクチンを接種し集団免疫をつけること」かと思われます。

レザミでは、従業員の外出自粛、ご家族様や業者さんへの施設内立入の制限を行っていますが、それに加えて、

従業員の定期的なPCR検査と少しでもコロナ様の症状がある利用者さんや従業員の即時のPCR検査を行っています。

また、レザミ住道では5月17日に希望する利用者さんと従業員に対して1回目のコロナワクチン接種を終えました。2回目は6月7日を予定しています。今のところ副反応は特にありません。

レザミ鶴見緑地については、大阪市の高齢者施設へコロナワクチン提供が遅れている関係から、6月中旬以降ワクチンが提供され次第接種を進めていく予定です。

まだまだ、予断は許さない状況ですが、感染を持ち込まないために最大限の努力をしていきたいと思います。

令和3年4月よりレザミ鶴見緑地が介護付きに変わります!!

令和2年度ももう少しで終わりますね。今年度は本当にコロナに振り回された1年になりました。

さて、レザミ鶴見緑地は平成25年11月よりサービス付高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームとして、運営してまいりましたが、令和3年4月より、介護付き有料老人ホームとして生まれ変わることになりました。サービス付高齢者向け住宅はそのままとなります。

変更するのは、介護保険によるサービスに関してだけです。

介護保険によるサービスは「特定施設入居者生活介護」となりデイサービス、訪問介護などの在宅サービスを受けることができなくなります。

現在のご利用者様には個別にご説明させていただきますので、ご安心ください。

 

インフルエンザの予防接種

先日は、ブログがうまく更新できなかったので、改めて書いてみます。

高齢者等ののインフルエンザの予防接種が10月1日よりはじまり、それ以外の方のインフルエンザの予防接種も26日から始まりました。

今年は、コロナウィルスとの同時感染も危惧されることから毎年以上に接種する人が増えると考えられています。レザミでも、毎年と同様利用者様と職員に原則として全員接種としています。

また、今年は大阪府が65歳以上のインフルエンザ予防接種を無償化するとのことです。

利用者様の場合は、65歳以上(例外有)で施設の所在地の大東市と大阪市の在住の方は無償となります。それ以外に住所がある方で施設内で接種された場合は、原則有償となりますので、ご注意ください。施設内の接種は11月に予定しております。

介護用使い捨て手袋プラスチックグローブが品薄状態

春ごろにマスクが品薄となり、一箱50枚入りが3000円台や4000円となったのは、皆さん良くご存知かと思います。
現在は、介護施設で必須アイテムの使い捨てプラステック手袋がコロナウイルスの影響で5~6倍近く値上がりとなりました。売り切れとなっている業者もあり、ある程度在庫を持たないと不安な状況にあります。
しかし、基本的に業務用でしか使用しないプラスティックグローブを一般の人が使用するのでしょうか。なぜ在庫がないのか分かりませんが、一日も早く必要な時に必要なだけ手に入る日が戻ってきてほしいです。

今日のレク(鶴見緑地)

レザミでは階ごとにレクレーションをしていますが、
今日の1階のレクレーションはカラオケでした。
とてもカラオケが好きな方がいらっしゃり、いつもとっても上手に熱唱なさいます。