お看取りさせていただきました

admin post on 7月 8th, 2016
Posted in 未分類

先月末頃、開業当初からご入居いただいていた入居者様が施設内でお亡くなりになりました。

実は訪問医からは昨年末頃かもしれませんと言われており、長い看取りとなりましたが、

先生の通達以後も大きな声でお話になったり、とても活気がある様子が見られました。

最後の方はずっと在宅酸素もされておられましたが、食事も少しづつ食べられていました。。

 

彼女からは、生きることに対する執念というか、生きたいという気持ちを強く感じました。

 

ご冥福を祈ります。

喀痰吸引・経管栄養研修と実務者研修

admin post on 6月 16th, 2016
Posted in 未分類

次回の介護福祉士受験から実務者研修終了が必須となりました。

ですので、実務者研修を受講しようという方がとても増えています。
実務者研修はおおざっぱに言えば、従来の基礎研修に加えて医療分野(おもに喀痰・経管栄養の研修)を加えたもので、これには介護実技の試験と医療分野の実技研修(人ではなく人形によるもの)が含まれます。
通学ではなく、通信講座を受講する方が大半ですが、通信だと8回程度のスクーリングとレポート提出が必要です。
ただ・・・資格を取るには受講期間開始から6か月必要だったりします。。
だから、レポートもスクーリングも実技テストもパスしているのに、修了証書をなかなかもらえない。なんてことが多いです・・。

レザミでは今年から実務者研修修了者の介護スタッフ向けに施設内で喀痰吸引・経管栄養の実技研修を行っています。
上記のように実務者研修を修了すると喀痰吸引・経管栄養の座学は終了しているので、利用者さんへの実技研修をするのみで資格が得られます。(もちろん喀痰や経管栄養をする能力があると認めた場合だけです。ご心配なく・・・)

これからも医療体制に力を入れていきたいです!

お寿司食べに行きました

admin post on 5月 11th, 2016
Posted in 未分類

本日お昼に近所の回転ずしに利用者さんとお寿司を食べに行きました♪♪
利用者様によっては、いつも以上にたくさん食べられました。

メロンパン探し

admin post on 5月 10th, 2016
Posted in 未分類

先月末、ご利用者で「朝は絶対メロンパン!」とおっしゃる方がご入居されました。
ということで、私どもでメロンパンを買ってまいりましたが。
「まずい」とおっしゃるので、また別のお店で買ってまいりました。
「やっぱりまずい」とおっしゃるので、また別のお店で買ってまいりましたが。
あまり気に行っていただけない。。もう5か所くらい行かせていただいているのですが、気に入ってもらえない。

よく考えると、メロンパンと簡単に言っても、
いろんなメロンパンがあります。
固いメロンパンやわらかいメロンパン。
昭和なメロンパンもあれば、最近のメロンパン。
クリームが入っていたり。。
テレビを見ていたらメロンパンのイベントがやっていたり。。メロンパンって奥が深かったんだ・・・・。

ご本人にメロンパンのこだわりの点をよく聞いてみないといけません。

てなわけでいまだに気に入っていただけるメロンパンは見つかっていませんが、今日もメロンパンを求めて遠征します。

レザミ鶴見緑地の利用者様をお看取りさせていただきました。

admin post on 5月 4th, 2016
Posted in 未分類

レザミ住道だけでなく、レザミ鶴見でも看取りをさせていただいています。

5月1日看取りをさせていただいていた利用者様がお亡くなりになりました。

だんだん食事や水分がとれなくなりましたが、延命治療はしたくないとのことでした。

また、ご家族の希望で、病院でなく最期は施設の中で迎えたいということでした。

レザミ鶴見緑地では、今年に入って、3名の方をお見送りさせていただきました。

皆様眠るようにお亡くなりになりました。苦しんだりする様子もありませんでした。

現在も看取りをご希望されている方がいらっしゃいます。

人間の死とは何か、どのようにして亡くなりたいか。

一度ご家族でお話になってもいいかもしれませんね。

 

 

レザミ住道のご利用者様の看取りをさせていただきました。

admin post on 5月 4th, 2016
Posted in 未分類

4月末日レザミ住道のご利用者様がお亡くなりになりました。

ご入居いただいて6年超で、約半年のお看取りをさせていただきました。

とても優しいお顔をされていました。

毎年たくさんの方が施設内でお亡くなりになりますが、レザミ住道は今年に入りお二人目の看取りとなりました。

1人目の方も8年ご利用された方で約2か月間看取りさせていただき、施設内でお亡くなりになりました。

********************************************************

最近病院ではなく、施設内で最期を迎えたいという方が増えています。

落ち着いた場所で最期を迎えさせたい。余計な治療をせず、自然に任せて最期を迎えたいとおっしゃる方が増えています。

レザミではご家族に事前にご要望なども聞いていますが、目の前にすると要望が変化していくこともあるようなので、

医師・看護師も交えて、何度か確認させていただいています。

スタッフも何名かの人をお見送りして、死生観もそれぞれの中でできているようです。

また、慌てることなく、症状の経過を観察し、ご本人やご家族への配慮の仕方なども学んできているようです。

 

 

鶴見区の認知症キャラバンに参加しました

admin post on 4月 27th, 2016
Posted in 未分類

昨日鶴見区社会福祉協議会のお誘いで認知症サポーターキャラバンに参加しました。今回はたくさんのメイトさんが参加されたので、寸劇をまじえての研修となりました。私は「認知症について」を短時間で説明させていただきました。時間が短かったので、おおざっぱにしか説明できなかったのですが、みなさん理解していただけたか少し気になります・・。
お寺内での研修だったのですが、近隣住民の方々も参加されました。
質問タイムで切実な介護の悩みなどもでたのが印象的でした。私自身なかなか地域でのキャラバン活動ができていないので、もっと参加していきたいと思いました。

認知症キャラバン

admin post on 4月 19th, 2016
Posted in 未分類

書き込みがとても久しぶりになってしまいました。

みなさんは認知症サポーターキャラバンをご存知ですか?

認知症サポーターとは厚生労働省が認知症を知り地域を作るキャンペーンの一環である認知症サポーター100万人キャラバンとして認知症になっても安心して暮らせる町を目指して要請されているものです。政府は、新戦略として2015年1月新オレンジプランを決めました。これは、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住みなれた環境で自分らしく暮らしていける社会を目指すものです。超高齢化社会の中、認知症の方がどんどん増加してきます。国もそれに対応できる社会をめざして動き出しています。

*********************************************

私は認知症のある利用者さんと接する機会がとても多いです。毎日軽度の方から重度の方、いろいろなBPSD症状(周辺症状)のある方と接しています。また、そのような方々と時間をとってお話をすることができます。さらに、ご家族ともお話する機会があり、認知症のご家族の方の気持ちを知る機会も多々あります。一方で地域や家族に認知症の方がいらっしゃったり、仕事の関係から認知症の方と接することがあるので、認知症について知りたいという方がいらっしゃいます。

私は、困っている方にこの経験をなんとか生かせないかと思い、平成25年から認知症キャラバンメイトとしての活動をしています。最近は大阪市内の企業向けの講座などもさせていただいています。

 

大阪市内で認知症について学びたいなあと思ったら、是非レザミ鶴見緑地までお電話ください!!講師としてお手伝いします。

06-6967-8611 まで

 

 

遅ればせながら運動会

admin post on 11月 13th, 2014
Posted in 未分類

住道の方は10月に行いましたが、

鶴見の方は本日運動会を行いました♥♥

お玉リレー

玉入れ

綱引き

アンパン競争など、、結構皆様楽しまれていました・・スタッフの方は綱引きでちょっとお疲れのようです。。

 

レザミ号のラッピングをしました

admin post on 11月 12th, 2014
Posted in 未分類

レザミには車いすも乗れる介護車両もご準備しています。
ご入居者様で車いす使用の方が医療機関等に行かれる際大変重宝しています。
昨日スタッフで車のラッピングをしました。ちょっと派手でしょうか。。